200V(仮)

適当に生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

工程管理 5

生産現場は生産計画に基づいた作業指示によって日々の生産をおこなうが、製造方式や顧客との兼ね合いで進捗管理は異なってくる。ライン生産方式で同一品種を大量に流す場合や完全受注生産で客先との調整次第で納期が変わる場合など、企業や工場によって大きな違いがある。
 製造装置、製品、作業者のいずれかをベースにして計画を立案・実行・進捗状況を確認する。

 単一ライン上に全品種を乗せて完成するまで組み立てる、自動車生産ラインの場合は主ラインの組み立て予定を管理している。ライン上に乗せられるよう部品を集めてタイミングを調整、完成スケジュールを積み上げてゆく。受注状況によってライン数を増やしたり、稼働時間を変更することで生産量の変動に対応する。人員や副資材については稼動計画によって大幅に変動させる。分単位で管理している企業もあるが、少しずつの遅れが全体予定を大きく狂わせる可能性もある。個々の作業は厳重に規格化され訓練を積んだ上で行われるような体勢が必須である。

 複数ラインで類似多種品目を製造する場合、生産可能ラインが複数あれば相互の補完によって予定を調整することが可能である。ただし製造能力に対して休止期間が必ず発生するので、設備整備や実地教育等に活用しなければ固定費にムダが生じてしまう。切替作業の増大にも注意が必要である。基本的には作業者のシフトに沿った工程管理が必要である。

 受注生産品で組立製品の場合、製品毎に製番をつけて進捗管理を行うことがある。顧客の納期をもとに部品を手配して順次製品への組み込みを行ってゆく。ラインとの違いは作業を呈した状態で中断できることである。必要な人員を必要な作業に振り分けて、最終納期に間に合わせるように作業をおこなうので、進捗状況次第で投入作業量を割り振ってゆく。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/31(日) 11:16:06|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<難民探偵 | ホーム | 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 9>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dangerous200v.blog15.fc2.com/tb.php/118-c7c0cde1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。