200V(仮)

適当に生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

工程管理の考え方 その1

 とりあえず書き散らかしてみよう。ヒントにならないかもしれないが。

まずは基本ルールを作る。
 客先の要望納期、材料調達、社内事情、処理能力。これらをどう優先して後回しにするか、それさえ決めておけば、タイムテーブルに流し込んだら一応のカタチにはなる。とにかく仕事は期日までに仕上げるのが肝心。これをどう料理するかが腕の見せ所。この基本ルールのためには、とにかく現場を良く知ることである。いかに現場がしんどいことをしているか、楽をしているかを目で耳で身体で覚えておくと、あとは頭の中で考えるだけでよくなる。

流してみる
 つくった工程を頭の中かPC上でさっくり流してみよう。どこかで躓くかもしれないが、問題が起こったらその結果起こった悪影響がいかほどだろうか。ロスをするのは時間かモノか信用か。メリットは何か、見合うだけのものが得られるか。期日内に入りきるか。あるいは無理な部分はないか。絵に描いたモチで終わらせないためには、ムダよりもムリを無くすべし。

ずらしてみる
 最適化に最適化を重ねて一部の隙も無い工程をつくったとしよう。はたしてそれを実行できるほどの能力が現場にあるのだろうか。トラブルが起こればあっという間にムリで無茶な工程に早変わりである。予言しろ、とまでは言わないがある程度の不具合を許容できるのであれば、それが望ましい。楽観よりもやや悲観的、逃げ場と救済措置があるときは心理的余裕が生まれて意外と失敗しないものである。ギリギリが続くとどんなに優秀な人間でも消耗してミスをしてしまう。

ひねってみる
 同じパターンを繰り返す事は非常に楽であるしルーチンワークによる効率化やミス低減に繋がる、とは思う。しかし現場としてはどうだろう。毎日同じ事を延々と繰り返す、勿論仕事であるんだけど、精神的技能的にはデメリットも生じるのではと。ある程度幅のある仕事であれば、それに順応する能力が求められるし、都度の注意力も必要とされる。ミスに繋がる危険性もあるので考え方次第では有るが、イレギュラーな部分を残してはどうか。勿論それを行う根拠が必要であるが、無理ではない限り、単調になるのを避けておくことも必要だと思う。リスクとの睨めっこは忘れずに。

 効率を突き詰めてゆけば大企業のようなトータルな管理システムが理想になるんだろうけど、中小企業なんて事情が様々あって綺麗にはいかないもんである。ムダがあろうが与えられた条件内でパフォーマンスを向上させるためには、現場全体の底上げを徐々にしてゆくしかない。社内に留まらず社外だって客先にだって。唯々諾々と注文を流し続けるだけじゃなく、何かしらの思惑を乗せることが出来るならばやっていくべきだろう。生物の遺伝子だって単なる記号の羅列である。その並んだ順番に意味があり効果がある、そう考えていなきゃこんな仕事やってられんでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/01(月) 21:36:57|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<探偵・花咲太郎は閃かない | ホーム | 刀語 第七話 悪刀・鐚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dangerous200v.blog15.fc2.com/tb.php/134-caafc6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。