200V(仮)

適当に生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天冥の標 Ⅲ アウレーリア一統

天冥の標 Ⅲ アウレーリア一統    著;小川一水  早川SF文庫

 全10巻刊行予定の壮大な物語。時は一気に流れて23世紀に突入した太陽系宇宙開拓時代。2巻までの伏線がビシビシと延びてきてるし、動きのあるお話なのでグイグイと読める一冊。小惑星郡に乱立した星間国家と宇宙海賊、2巻の救世郡、医師団まで絡んだ迫力あるストーリー。主人公の「酸素いらず」サー・アダムス・アウレーリアを中心に、海賊狩りと謎の巨大遺跡、星間国家間の闘争など、まさにSFといった感じが嬉しいところ。これも1巻2巻の下地があってのことで、あるいは著者の別作品からも伏線が張られてるみたいな、もう脳汁が出ぱなっしで堪りませんねこれは。歴史の表で展開する話と裏で糸を引く存在が絡まって物語に深みが生まれる、著者の構想がさらに広がることを期待しつつ次巻を待つとしましょう。それまでに再読したいところ。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/03(火) 22:58:09|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猫物語[黒] | ホーム | 動乱の七月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dangerous200v.blog15.fc2.com/tb.php/173-4e3a00c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。