200V(仮)

適当に生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

陰陽ノ京 月風譚弐 雪逢の狼

陰陽ノ京 月風譚弐 雪逢の狼   著;渡瀬草一郎   イラスト;酒乃渉  メディアワークス文庫

 平安時代、陰陽師ものといえば安倍清明、の若き頃の同僚を軸に描いた作品。風変わりな人物描写で味があっていいのだが、他とは違って清明が○○○○だったりするのが面白いところ。月風譚は賀茂光榮を軸にしつつも、登場人物同士の掛け合いが独特で飄々として面白い。むさ苦しいおっさんなのに、すごく可愛かったりするし…もちろんかわいい女性も居ますが。楽隠居の上役、苦労症の上司、粗暴だけど優しい人や頼れる先輩、頼りなさげな後輩にしっかりものの見習い。権謀術数渦巻く京でも異様な組織たる陰陽寮の面々はふた癖み癖もあるものばかり。

 今回は京から瀬戸内へと下った場所にある渡辺の地にて、ある屋敷から猿の妖の退治を依頼された安倍清明だったが、妖の退治中に敷地内の蔵から現れた白い狼が猿を倒して去っていった。その白い狼は割れた呪具の鏡から現れた、清明の知る「白山」だった…。

 京といえば血生臭い争いごとが絶えず恨みをかうことも多いので敵に事欠かない、さらに鬼やら妖をけしかけてくる外法師に対するのが陰陽寮なのだが、権力中枢にもその絶大な力を警戒されてたりと微妙な立場である。それでも驕らず遜ることなく進む彼らをみるのは気持ちがいいもんです。いやぁ、光榮が可愛くて仕方がないですねしかし。こんな人が居たら楽しいだろうなと思いつつ次巻も期待しております。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/04(土) 10:10:04|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<円環少女 12 真なる悪鬼 | ホーム | ささみさん@がんばらない 3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dangerous200v.blog15.fc2.com/tb.php/180-b83a7180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。