200V(仮)

適当に生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

工程管理 2

 単一ライン、仕掛品種ABCの場合で考えてみる。
1、受注した順番でラインに流す
 単純かつなんのひねりもない方法だが、個人業務として考えれば一般的ではある。
順番→
  【A1】【B1】【A2】【C1】【C2】【B2】【A3】C3】【B3】
 但し作業に必要な材料等がストックされており、納期も完了後発送が基本となる。
品種が異なる場合に切り替え作業が必要な場合では、作業ロスが多くなってしまう。

2、品種毎にまとめて生産する
 受注に期間を設けてその間の注文を品種毎に一括生産する。作業効率は格段に向上する。
順番→
  【A1】【A2】【A3】【B1】【B2】【B3】【C1】【C2】【C3】
 生産優先のため納期はライン予定に異存する。大規模製造業等では主流となる。
納入時期に融通が効かないため数ヶ月前から受注を受けて客先にて納期調整をおこなう。
あるいは社内在庫量に応じてABCの製品を補充生産する場合にもつかえる。

3、客先納期を考慮して生産する
 2に加えて客先納期を考慮した生産順にする。納期の許す限り作業効率を高めておく。
順番→
  【B1】【B2】【C1】【A1】【A2】【A3】【B3】【C2】【C3】
 出荷までの社内保管を考えると作業効率と保管効率の両面で優位性がある。
小ロット品の仕掛を減らすためには社内在庫として事前生産しておくのも手ではある。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/20(月) 20:58:23|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<工程管理 3 | ホーム | 工程管理 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dangerous200v.blog15.fc2.com/tb.php/30-61b2e376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。