200V(仮)

適当に生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

工程管理4

生産サイクル

 大規模なプラント生産の場合は数日から数ヶ月、鉄鋼生産の高炉に到っては十数年単位で生産を行う。かたや家電等のセル生産方式では作業員が配置につけば数個単位で、最小1個単位で生産を行う。生産現場での最小の区切りはさまざまであり、扱うラインによって作業予定の組み方は千差万別ではあるが、それぞれが抱える制約条件を枷と考えるか利用するかで作業効率はもとより、現場の士気や技術水準をも左右する場合があると考える。蛇足だが、関係する人間を単なる部品として扱うか、きちんと人間として扱うかは経営方針によるが、長期的視野で見れば成長する人間として十分な経験を積ませてゆくことを大きな利益となる可能性もある。
 一品種を連続生産する期間に分けて考えてみる。

・長期稼動ライン(数ヶ月~数年)
 停止する場合はメンテナンスか計画停止の場合のみである。稼動開始したら最後、トラブルによる停止を極力防ぎ、材料投入および製品搬出を計画どおりスムーズに行うための人員配置に重点をおく必要がある。基本は単一製品の生産ラインや、原料加工ライン等であり、生産能力は設備能力とそれを維持する能力に依存する。ライン停止時間が生産量減少に直結する。単一品種を生産する専用ラインと、数種類の品種を生産するラインの場合があり、品種切り替えを要する場合は在庫量や受注量によりライン切替を行う。

・1週間単位
 月曜日から金曜日(土曜日)までの休日から次の休日までの期間、稼動しつづけるライン。月曜日朝から稼動開始して、週末にはライン停止作業および次品種への切替作業をおこなう。週の間で切替作業を行う場合でも、週末のライン停止作業は必要になるため、稼働時間単位での生産量になる。ラインの停止・再稼動に要する時間が短い場合は多品種生産であってもロスは少ないが、切替時間が掛かる場合はいかに切替回数を減らすかが鍵となる。昼夜交代制のため、ライン切替作業時の必要人員確保が必須であり、昼のみ切替を行うという制約がある場合も多い。

・1日単位
 朝の就業開始から終了するまでの1日、ラインを稼動させる場合。品種毎の切替時間や必要人員の差異がある場合は他の作業と組合わせたり、出勤シフトを変更する必要がある。生産量は稼動する日数と残業時間により調整する。昼勤のみの場合が多い。

・時間単位
 1日の間に数品種の生産を行う。少量多品種生産でも生産効率を求めたい場合は切替回数をいかに減らすかが課題となる。

・製品単位
 1製品ごとに管理タグをつけて生産する。完全少量多品種、受注生産に対応した生産方式。作業員の技術レベルや設備の柔軟性が求められるが、高付加価値・高利益率の製品の場合は在庫ロスを最小にして納期も最短にすることもできる。原材料・部品在庫管理には高レベルが要求される。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/11(月) 22:53:03|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダンタリアンの書架 3 | ホーム | 文学少女見習いの初戀。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dangerous200v.blog15.fc2.com/tb.php/42-dc647ad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。