FC2ブログ

200V(仮)

適当に生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビスケット・フランケンシュタイン

ビスケット・フランケンシュタイン   著;日日日 イラスト;toi8  メガミ文庫 学習研究社

 西尾維新に続いてとんでもない十代作家としてデビューして4年、その生産ペースは半端じゃなく、とても追いきれるものではないが、書店で見かけた時にぐっと惹かれるものがあったので読んでみた。「ちーちゃんは悠久の向こう」以来か。toi8氏のイラストは相変わらず素晴らしく。
 世紀末に広がり始めた奇妙な病を発端として物語はすすんでゆくが、ヒロインは題名の通り「フランケンシュタイン」としてつくりだされ、ひょんなことから自我に目覚める。人から生まれ、人から外れたものとして自意識に目覚めたけれども、それを生きているというのか、ただの人形なのか。考えながら人と接するうちに自分の答えを見つけてゆく、といった筋書きで、巻末にあるけれど相当の参考文献を元にしてる部分がしっかりとした世界をつくりだしている。勿論ご都合主義の部分も無きにしも非ず、でも積み重ねられた話が人の醜さ・うつくしさを少しずつ描いてゆくのが楽しめた。本能と感情の狭間で生きるってことを考えてしまうと、自身の不甲斐なさを苦笑するしかない。結論、女はつよいわ。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/06(土) 15:56:22|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アクセルワールド 02 紅の暴風姫 | ホーム | 海の底>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dangerous200v.blog15.fc2.com/tb.php/50-2b98b7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。