FC2ブログ

200V(仮)

適当に生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぐらシャチ

ぐらシャチ     著;中村恵理加   イラスト;双   電撃文庫

 あの、中村恵理加である。帯にあるように「かなり奇抜な」ボーイ・ミーツ・ガールではあるが、凄く正統派なのです。高校入学前に海岸で出会った男子と女子が惹かれ合い、入学式で再開するという・・・ただし、中村恵理加である。すっごく…中村恵理加なんです。
 この人を支えている編集の人に謝辞を、懐の深い電撃文庫に尊敬を。かわいいイラストの人にも感謝を。結構伏線が残ってるようだし、続編出してもいいんじゃないでしょうか。そろそろシリーズものが読みたいです。ソウル・アンダーテイカーといい、単発にするには惜しいものがたくさんあります。次作も期待していますよ。
 前半のあらすじはこちら→
 高校入学前のある日、いつものようにヒロイン榛奈がおばあちゃんから貰ったオカリナを吹くためにやってきた海岸で、ウクレレを持った青年と出会う。マイナな楽器を持つ者の、皆から笑われるという悩みを共有してるのを知って意気投合したのだが、おたがい別れ際に名前を告げなかった。同じ高校に通う事だけは判ったから。
 その後、その海岸に飼い犬のシノの散歩に立ち寄った時、突然波に攫われてしまう。気がつくと海岸に打ち上げられていたが、その背後には巨大なシャチ(のようなもの)が居て英語で挨拶してきた。どうやら助けてくれたらしいのだが、苦手な英語で簡単なやり取りをしてたら去っていった。が、夢じゃないかと思って後日、海岸に一人でいくと、やはりシャチ(?)が現れた。今度は日本語を喋って。
 話を聞くとどうやらシャチみたいだが別の生き物らしい(当たり前だ、話してるし)し、遠くからきたのは彼らを狙う天敵を殺す手段を知りたいらしい。個体名のなかった彼(?)に請われて榛奈は彼に名前をつけた。グラボラス、グラと。グラは身体の大きさを変化させたらしく、ちょっと小さくなっていた。他にも色々できるみたいだが、とにかく天敵を殺す手段を探したい、そう言って榛奈に質問を繰り返したが、自分で頑張って探してみると言い去ってゆく。
 入学式、お約束どおりウクレレの青年と再会した榛奈だったが…
<この続きは是非本を>
スポンサーサイト
  1. 2009/11/21(土) 01:33:14|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界の中心、針山さん  3 | ホーム | 狼と香辛料 ⅩⅢ SideColorsⅢ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dangerous200v.blog15.fc2.com/tb.php/97-c7903b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。