200V(仮)

適当に生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そこをなんとか 3

そこをなんとか 3    著;麻生みこと   白泉社

 3巻が出た、続いてくれて嬉しい限りです。著者の描くキャラの元気さには救われますわ。ヤバくて笑える取材ネタを遺憾なく発揮しつつ、弁護士の仕事ッぷりを描いてるので読んでてためになる!んでしょうね、うん。2巻にあった裁判員制度ネタとか勉強になりましたし、こういう専門分野系のマンガはとっつき易さもあって知識を広げるキッカケに最適ですね。疑問があれば自分で調べればいいし、その最初の疑問「なんで?」がないと勉強ってできませんからね。嫌でもお世話になる可能性もあるんですから、少しは知っておくのも…というより面白いんで読んでるんですけどね。いやいや、キャラが楽しいわ、うん。
  1. 2009/11/05(木) 23:18:54|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴィンランド・サガ 8 

ヴィンランド・サガ 8      著;幸村誠   講談社

 ひとつだけ言いたい。帯にネタバレを書くのはどう考えてもおかしいだろうと。連載読んでる人だけが単行本を買うわけではない、折角の名シーン・シナリオが色褪せるような編集は自重して欲しい。以上、一ファンの独り言でした…本屋で唖然としたよ。
 さて、この作品の根底に流れるものがこの巻で明確になった気がします。目の前の損得、それ以上の譲れないもの、自我の拠り所。他人から、後世から見るとなんでこんなアフォを…という事が歴史にも散見されますが、そういう部分を追求していきたい気持ちは判る気がします。新章に突入して今後の展開も楽しみですが、章の冒頭の「オーディンの箴言」というのが意味深な気がします。次巻も楽しみにしてます。
  1. 2009/09/27(日) 15:04:26|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルコール 3

アルコール 3    著;西村しのぶ   集英社

 神戸のスタイリッシュ?な生き方を描き続ける著者の、それでいてナチュラル志向だったりする恋愛ものマンガ。下戸のバーテンダーの娘と酒豪のホステスのふたりを中心に「鉢合わせ」「議員」「オリーブ」「みかん」「農協指導員」と並べると妙になるけど、そんなお話。
 まったく縁のない世界を覗き見ると、価値観の硬直化を防げるかと思ったりするも、まあ好奇心100%だったりしてもマンガの中ならいいんじゃないかと。かっこいい生活というのはその人の性格や成立ちの積み重ねであって、猿真似しようとしても無理があったり破綻したりですが、何かしら共感や納得できる所があれば自然に取り入れてしまうでしょうし。まあ片意地張ったり考え込まなくても、みんなのやり取りが単純に面白いんですけどね。サードガールからの読者です、はい。
  1. 2009/09/21(月) 22:19:28|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月のライオン 3

3月のライオン 3   著;羽海野チカ  白泉社

 一風変わった将棋の学生プロ棋士マンガ、ほがらかな画風とはうらはらにそこに描かれているのは魂剥き出しの人間模様。誰一人として恵まれない状況でも必死に追い続けてる生き様を刻々と描き出してゆくのを、何も考えずに読むか、心を抉られながら読むか、よい作品ほど受け手にも注文をつける。文章だけでは語れない、マンガだからこその迫力と訴求力を感じられるのが嬉しくて仕方が無い。争い競う生物としての本能を発揮できる機会が減ってくる昨今ではあるが、なにも暴力だけではない、闘う場所はいくらでもあるのだ。戦う心を持つもの同士がぶつかり合うからこそ人はそれに魅せられるのだなと、再認識できる作品である。
  1. 2009/08/19(水) 21:11:34|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モーティブ-リフュールド- vol.4

モーティブ-リフュールド- vol.4   著;一色登希彦  少年画報社

 シリーズ完結。心にぽっかりと穴の空いた少年がバイクを通して考えてゆく物語。バイクのレストア学校に通いながら感じたことを周囲にぶつけ、ぶつけ返されながら考えてゆく過程が凄い。画に心の迫力を込める著者の、心の叫びが延々と綴られてる気がして読まずには居られなかった。不器用に生きる、下手な生き方で傷つき打ち負かされるというのは、ある意味幸せなのかもしれない。たとえ逆境であってもそれだけ人に愛し愛されることに繋がるのだから。
  1. 2009/08/09(日) 22:01:06|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。